ここから本文になります。

「あぶたま煮」・「ピーたま焼き」・「はっさくのパウンドケーキ」

すずやん
最近、お腹の調子が良くなくて…便秘気味なんですよね。
はらぴー
あ、それはよくないね。じわじわと「腸の老化」が始まっているのかも。
すずやん
え!?腸の老化って…どういうことですか?
はらぴー
腸内細菌の善玉菌と悪玉菌のバランスによって決まるんだ。善玉菌が多く、悪玉菌が少ない人ほど腸年齢が若いということだね。
すずやん
僕の腸内は、悪玉菌が多くなっているかもしれないってことですね。おかしいなぁ。こんなにも善人顔なのに…
はらぴー
…顔は関係ないでしょ。

+++ はらぴーメモ +++

腸の老化とは…?

「体臭やおならのにおい、便臭がきつくなった…」と感じたことはありませんか?それは「腸の老化」が進んだのかもしれません。腸の老化によっておこる体の変化はにおいのほかに肌荒れなどがあります。年齢と共に腸の老化が進むと思いがちですが、実年齢と腸年齢には個人差があります。腸を若く、健康に保つには腸内細菌のバランスが影響しています。乳児期には圧倒的に善玉菌の割合が高く、その後悪玉菌が増え、ほぼ一定の割合が維持されます。しかし、50~60歳になると悪玉菌の割合が徐々に高くなります。この腸内環境の悪化が「腸の老化」を招いています。

善玉菌を増やそう!

善玉菌の代表といえば「乳酸菌」と「ビフィズス菌」です。乳酸菌は代謝によって乳酸を生成する細菌類の総称で、腸内に常在する生き物です。乳酸菌は、餌がないと増殖できません。つまり、乳酸菌の餌である「オリゴ糖」と「水溶性食物繊維」も体内に取り入れる必要があります。オリゴ糖を多く含む、たまねぎ、キャベツ、大豆、そして水溶性食物繊維の多い、ごぼう、さつま芋、にんじんなどを意識的に取り入れることが大切です。


レシピ提供:

ツクイ所沢並木通り

(埼玉県所沢市)

ツクイ所沢並木通りは、おもてなしではどこにも負けない自信があります!食事は、味、盛り付けに工夫をこらし、お客様から「おいしい!」と太鼓判をいただいています。また、誕生日の昼食は、松花堂風の豪華なお祝い御膳を提供しています。

◎ 作り方
  • 1. にんじんは大きめの千切りにして下茹でする。ほうれん草も下茹でして適当な大きさに切る。油あげは油抜きをして、半分に切り袋状にしておく。
  • 2. 油あげの中に、にんじんとほうれん草、生卵を入れて楊枝で口を閉じる。
  • 3. 小鍋に「A」を入れて火にかけ、2を立てて入れ、ある程度火が通ったら、途中で何度か返しながら中火で6~7分煮る。
  • 4. 楊枝を外して半分に切り、器に盛りつけ完成。
◎ 作り方
  • 1. ピーマンは輪切りにし、えびは下茹でする。にんじんはみじん切りにして下茹でしておく。
  • 2. ボウルに卵を割りほぐし、Aを入れて混ぜる。
  • 3. フライパンに油をひき、ピーマンを並べ、その中に2を流し入れる。水を入れて蓋をして2~3分蒸し焼きにする。
  • 4. 焼きあがったら器に移し、にんじん、えびをのせて完成。
◎ 作り方
  • 1. はっさくは皮ごとスライスし、鍋に入れ砂糖を加え弱火で煮る。
  • 2. ボウルに「A」を入れてよく混ぜる。白っぽくなったら割りほぐした卵を2~3回に分けて入れて混ぜる。
  • 3. 2にふるった薄力粉とベーキングパウダーを加え混ぜ合わせる。マーガリン(分量外)を塗った型に流し入れる。
  • 4. 170℃に予熱しておいたオーブンで35分焼く。ある程度焼けたところで、1を乗せて焼きあげる。粗熱が取れたらカットして完成。