ここから本文になります。

ツクイの特長

7つのキーワード

“ 福祉に・ずっと・まっすぐ “ 介護の未来のために取り組むツクイ。
ツクイの特長を表すキーワード7つを紹介します。

30年

多くの介護事業者が2000年の介護保険制度開始以降に介護業界に参入するなか、当社は1983年5月から介護事業を開始しており、30年を超える実績とノウハウを有しています。ツクイならではのこだわりを大切に、お客様ニーズに合ったサービスを提供しています。常に進化を続け、介護の可能性を広げています。

直営

2016年3月末時点で618ヵ所(本社含む)の事業所を全国で展開していますが、これらの事業所は全て直営で運営しています。これは、直営方式で運営することで介護サービスの品質を一定以上確保できること、また介護事業者として長年の実績とノウハウの蓄積があり、M&Aによる事業拡大を行わなくても、直営方式で事業拡大を行えると考えているからです。

デイサービス最大手

2016年3月末時点で453ヵ所のデイサービスを運営しており、月間35,000人を超えるお客様にご利用いただいています。
当社は成長著しいデイサービスの最大手であり、事業所数・お客様数ともに業界トップとなっています。

高い顧客満足度

当社の介護サービスに対する顧客満足度は高く、サービス産業生産性協議会が行ったJCSI(※1)調査では介護業界部門で2年連続1位(※2)となりました。また、自社で定期的に行っている顧客満足度調査(※3)においても高い評価をいただいています。

JCSI顧客満足度調査結果
自社調査の顧客満足度調査結果(デイサービス)
  • ※1 JCSI:Japanese Customer Satisfaction Index(日本版顧客満足度指数)
  • ※2 2010年度・2011年度
  • ※3 調査の設計・分析を外部業者に委託し、より専門的で質の高い調査内容、分析結果となるよう配慮しています。

女性のキャリア促進実績

事業の性格上、女性が多く、また活躍できる職場であり、会社全体での管理職に占める女性の割合は40.4%となっています。
当社では、幅広い人材が性別や年齢に関係なく、個性や能力を発揮できる企業風土作りや、能力や成果に応じた評価を行っています。

当社における女性活躍推進データ

取締役の女性比率
女性管理職の状況
  • ※画像クリックで大きいグラフをご覧いただけます。

  • 〈2016年9月30日時点〉
  • ・取締役の女性比率   取締役全体   2名/11名中(18.2%)
  •             社内取締役   2名/7名中(28.6%)
  • ・執行役員の女性比率(※1)      2名/14名中(14.3%)
  • ・管理職の女性比率(※2、※4)    332名/822名(40.4%)
  •   内訳 部長クラス          20名/91名中(22.0%)
  •      課長クラス          312名/731名(42.7%)
  • ・常勤者の女性比率(※3、※4)    64.0%
  • ・従業員の女性比率(※2、※4)    75.3%
  • ※1 取締役兼務者含む
  • ※2 取締役・監査役除く
  • ※3 正社員・嘱託の合計/取締役・監査役除く
  • ※4 グループ全体数

ワークライフバランス

従業員が仕事と家庭を両立できるよう、育児休業制度や育児のための短時間勤務制度、子の看護休暇、介護休業制度など、さまざまな制度の充実を推進しています。また、出産祝金や入学祝金が『ツクイ倶楽部』(ツクイ独自の福利厚生制度)から支給されるなど、従業員の子育てや生活向上を応援しています。

  • ・出産休暇取得人数(※1)     157名
  • ・育児休業取得人数(※1)     198名
  • ・時短勤務利用者数(※1)     33名
  • ・平均勤続年数(常勤のみ)(※2) 女性:6.1年  男性:5.6年
  • ※1 2015年4月1日~2016年3月31日期間累計
  • ※2 2016年9月末時点

研修・資格取得支援

ツクイでは、ツクイの従業員一人ひとりがスキルアップし、更に活躍していただけるよう、成長にあわせた様々な研修を用意しています。ツクイ大学(代表取締役直轄の幹部育成機関)を始め、管理者研修、階層別研修、専門職研修等、全ての研修に性別関係なく参加しています。
併せて、キャリア促進実績の一環として、従業員がケアマネジャー(介護支援専門員)・社会福祉士・介護福祉士などの資格取得を推進しています。
合格(修了)者に対し受験(受講)料の補助、合格祝金等の自己啓発奨励金の支給や学習サポートの支援を実施しています。


〇2015年度は、600名を超す従業員がケアマネジャーの資格取得に取り組みました。

ジョブリターン支援制度

結婚や育児、引越し、転職などの理由で一度退職している従業員*が再入社する場合にジョブリターン支援金を支給しています。

(*)一部職種を除く

女性の活躍を応援する行動宣言

2015年11月5日に行われた「かながわ女性の活躍応援団」*の結成式にて行動宣言を発表いたしました。

ツクイの女性の活躍を応援する行動宣言

  • 1. 自社内における取組み
    • 1)女性の管理職への登用について、今後も35%以上を維持し続けるとともに、個性や能力をより発揮できるよう、その活躍の職域拡大に取り組んでいきます。
    • 2)ライフステージの変化により、職場を離れた人材について「ジョブリターン支援制度」の利用促進を行い、その復職を支援するとともに、再び女性がイキイキと活躍できる職場づくりを行います。
    • 3)介護や育児をしながら、仕事と家庭を両立できるよう福利厚生の拡充に努め、女性が輝く社会の実現に向け、活躍し続けることができる働きやすい職場環境を創っていきます。
  • 2. ムーブメント拡大のための取組み
    • 1)介護業界における女性の活躍推進に向けて、業界団体への取り組みに積極的に参加します。
    • 2)女性活躍企業の手本として、ムーブメント拡大の旗振り役となり、介護業界が女性の活躍できる業界であることを示していきます。

かながわ女性の活躍応援団公式サイト「woman act. 女性がどんどん主役になる」

  • ※「かながわ女性の活躍応援団」とは、神奈川県が性別に関係なく個性と能力を発揮できる社会を実現するため、同県とゆかりの深い企業10社によびかけて結成されたものです。

なでしこ銘柄

NADESHIKO BRAND 2014

2014年3月、当社は女性活躍推進をテーマに抽出された2013年度「なでしこ銘柄」に選出されました。 「なでしこ銘柄」とは経済産業省と東京証券取引所が共同で、女性活躍推進に優れた東証一部上場企業の中から業種ごとに選定・発表する事業であり、 当社における女性の活躍が評価されたものです。

「なでしこ銘柄」選定の流れ

東証一部上場企業の約1,750社を対象(※2013年11月末に東証一部に上場している企業が対象)に、3つの条件で調査を行い選定されます。

  • 1.女性活躍に関する一次スクリーニング
    「女性のキャリア促進」に関する実績を公開している企業を「なでしこ銘柄」選定候補とします。
  • 2.女性活躍に関するスコアリング
    「女性のキャリア促進」と「仕事と家庭の両立サポート」の2つの視点から、方針・取組・実績の3つの側面を評価対象とし、33業種別に各3社程度選出します。
  • 3.財務指標によるスクリーニング
    ROE(株主資本利益率)の直近3年間(※)平均が、業種平均以上の企業であること。

(2)で選出した企業のうち、女性活躍に関するスコアが最上位である企業「なでしこ銘柄」として選定します。

  • ※重大な法令違反等がないことを確認して決定します。