ここから本文になります。

ディスクロージャーポリシー

(2015年11月4日現在)

1. 基本方針

株式会社ツクイ(以下、「当社」という)は、株主・投資家の皆様に対し、当社の経営方針や事業戦略、業績・財務に関わる情報を、分かりやすく公平かつ正確に提供することを基本方針とし、タイムリーかつ積極的な情報開示に努めます。

2. 情報開示の方法

当社が東京証券取引所の定める適時開示規則に基づいて適時開示する情報は、東京証券取引所が提供するTDnet(適時開示情報伝達システム)に登録し公開した後、速やかに当社ホームページに掲載します。 また、適時開示規則に該当しない情報であっても、株主・投資家の皆様に当社への理解を深めていただくために有用なものについては、当社ホームページに掲載することにより、公平かつ正確に当該情報が株主・投資家の皆様に伝達されるよう努めます。

3. コミュニケーションの充実

当社は、適時開示やホームページでの情報発信の他、株主総会や各種説明会の実施、日々のお問い合わせへの回答等により、株主・投資家の皆様とのコミュニケーションの充実に努めます。 株主・投資家の皆様から頂戴したご意見・ご要望は社内で共有し、当社の企業価値向上に向けた経営の参考にします。

4. インサイダー情報の管理(インサイダー取引の未然防止)

当社は、インサイダー情報管理規定により、当社役員および従業員等が業務上取得したインサイダー情報の管理および株式等の売買等に際し遵守すべき基本的事項を定め、インサイダー取引の未然防止に努めています。 また、定期的にインサイダー情報の管理および株式等の売買等に際し遵守すべき基本的事項の周知を図るとともに、当社役員および従業員の当社株式の売買については、事前に届出書の提出を義務付けています。

5. 将来の見通しに関する情報開示

当社は業績予想、計画、戦略等、将来の見通しに関する情報を公開することがあります。 これらの情報は、公開時点で入手している情報および一定の前提に基づき当社の経営者が合理的と判断したもので、リスクや不確実性が含まれています。 そのため、実際の業績等は様々な要因により、これら見通しとは大きく異なる結果になりうることをご承知おきください。

6. サイレント(沈黙)期間について

当社では決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するために、四半期ごとの決算期日の翌日から決算発表日までの期間をサイレント(沈黙)期間としています。 この期間は、決算に関する質問への回答や、関連する情報に対するコメントを差し控えることとし、原則として投資家を対象とした取材対応は行っていません。 但し、この期間中に東京証券取引所の定める適時開示規則に該当する事実が発生した場合は、速やかに適時適切に開示します。 なお、すでに公表されている情報や、サイレント(沈黙)期間中に公表された情報に関するお問い合わせについてはこの限りではありません。

  • ※各決算期におけるサイレント(沈黙)期間
  •  第1四半期:7月1日から決算発表日(8月上旬)まで
  •  第2四半期:10月1日から決算発表日(11月上旬)まで
  •  第3四半期:1月1日から決算発表日(2月上旬)まで
  •  第4四半期:4月1日から決算発表日(5月中旬)まで